講師紹介

 

 

中尾 健彦氏(Takehiko Nakao)

ホロール・テクノロジー株式会社

アナログデザインソリューション


<講師略歴>

1990年    株式会社東芝入社(半導体技術研究所) 主な業務は以下のとおり。

        ・SPICEモデル作成 (補)大学でMOSFETの極低温動作の研究に従事

        ・PLL、ATM物理層設計/評価

2000年    同社Analog & Mixed-signal設計部門(事業部)にて、HSIF(High-Speed Serial Interface)

       物理層開発リーダに就任。EDAベンダーとの窓口も兼任。

2003-2005年  ISSCCプログラム委員(Wireline Communication)

2006-2009年  東芝ヨーロッパ出向 Analog & Mixed-signal設計グループ長

2011年1月-2016年3月

       同社イメージセンサ開発に従事。途中、2012年4月~2013年3月まで、同社大分工場にて、

       一眼レフ向けイメージセンサチップの量産立ち上げ支援。

2016年4月-2017年4月

       玉川電器株式会社 アナログ回路設計担当課長

2017年5月-    ホロール・テクノロジー株式会社にて、アナログデザインソリューション提供に従事。

 

<専門分野>

高速系CMOS analog & mixed-signal回路開発(電磁波放射抑制回路技術含む)

CMOSイメージセンサ アナログ回路開発、画像品質向上

シリコン&パッケージ協調設計